So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

山キャンプ [キャンプ]




お盆は涼もう!

なんてことを思っていたら、パパさんから

南アルプスでキャンプ&フィッシュの誘い。

快くOK!

法人所有の山奥までバス送迎しか無い。

小屋泊が送迎の条件。嫌なら歩け!と。


しかし、天気が不安定な中、迷っている

うちに満員御礼が出ちゃった。




で…。

1.5時間で山キャンプ可能な場所に変更。

キャンプ慣れしてない二人は巨大なザック

を背負って、ヒーヒー言いながら

キャンプ場へ。

しか~し、

本日の相棒は雨神様に愛される男。


おまけに川は大増水!!瀬脇や岸際を

丹念に攻めても全っっっく反応無し。

とっとと釣りは敗北宣言。

帰る途中で有名な堰堤を上から覗くと…。

おおお~っっ!

最初で最後の巨大魚発見!堰堤脇の流れ

の緩やかな場所。

しかし、廻りは枝だらけ。

おまけに魚体が白く、砂地と同化して

キャスト位置から見えない。

エイヤ~!と勘で投げたフライにスゥぅぅ

と近寄ってきた魚体が…。出る。出る。


ドピュ!(妄想)

(現実) プイっ!!とスプーク。


┐('~`;)┌ お手上げです。完敗です。


雨に濡れながら帰りの登山道をスタスタ

歩く二人のオジサン。


悲しい…。



でも、テント泊は超~面倒くさいけど

超楽しい♪ヽ(´▽`)/ 。(嘘。面倒)


2017-08-15 21:36  nice!(1)  コメント(2) 

アブと人。 [フライフィッシング]



この季節、渓にはウザイものが2っつ。

メジロアブと先行者。

標高の高い渓には比較的アブが少ないので

高原エリアに向かうのが定石ですが、

考えることは皆さん同じ。

少し寝坊して辿り着いた渓には先行車が

わんさか!!(メジロアブよりウザイ。)


で、2箇所転戦して辿り着いたのが、



こんなガレガレな源流部。

水がない。でも、小さな深見には必ず

こんな子、



あんな子、



が迎えてくれます。


この日は南側から天気が崩れる予報。

お昼過ぎからパラパラと雨が。

ウザイ。

すると、キャストもぞんざいとなり

トラブルが増えてこれまたウザイ。

ストレス放出に来てるのに~!


2017-08-05 22:29  nice!(1)  コメント(2) 

チャーパラ(一瞬) [フライフィッシング]



一昨年の大出水で消えたチャーパラ。

まったりソロキャンでも張ってゆっくり

するかと思って山の上へ。


今も改修工事やら堰堤工事で死んでるね。

下流は釣り飛ばして、以前魚が溜まって

たポイントへ。


暑い。標高1000 m越えてるはずなのに。

で、




こんな子を筆頭に急に反応がUP!



水はちょっと多め。

ウェットウェーディングスタイルで

登ったので徒渉に苦労します。


大きな木が張り出した階段状の日陰で

左岸から沢水が流れ込むポイント。



でた~~~。


そんで、次。

本流から分流する流れ込み。

ゴボッ

バシャッバシャッ


スコッ!…。ばれた。無念

35cmくらい?デカかった~!


で、その上から全く反応が無い。

右岸から白濁した沢水。

本流もやや透明度を増すが、暫く

登った沢の合流から上はまた濁る。

目の前には見たこと無い大きな堰堤と

護岸工事の爪痕。

良かったのは支流の良い水が流れ込む場所

だけ。本流の水が臭うほど。死んでるね。


あの一瞬の為に帰りの心臓破りの坂は

辛いなぁ。


2017-07-23 09:28  nice!(1) 

チャーパラの代償 [フライフィッシング]



フゥ~~~~~ッ…。





はぁ~~~ぁぁ…。

梅雨の合間でイワナ天国(チャーパラ)を

体験できたが、

この代償は適正なのか?

否。金銭的にバランスしてないぞ。


あ~~~~ぁ。奥さんに内緒で

どうすれば直るかな。今夏の最大の悩み事。



因みにパックロッドは新調したぞ!




インファンテ 813:6P NSF 渋谷直人モデル。


仕舞寸法の割にはパラボリックです。

想像より軽く、想像より硬めでした。

コルクグリップ形状がハーフウェルしか

使ったこと無いので、フルウェルはまだ

馴染みません。

いつも使ってる岩井系ロッドより少し硬い

のでメンディングの反応が良すぎる。


が、価格の割には万人受けする良い

ロッドだと思います。お薦めです。

因みに先輩2人も既に購入済み!


2017-07-19 19:18  nice!(0)  コメント(2) 

Char Paradise ! [フライフィッシング]



激暑の3連休初日。

当初の目的河川に到着~!

先行車3台。ムリ。

第2候補に到着~!

先行者2台。うーん…。ムリ。

一番期待薄い、第3候補。


おっ!?先行車無し。



師匠は初入渓。高所恐怖症のこの方は

高めのヘツリは苦手。

(少しヒヤッ!とする箇所あるけど…。)


昨年、初めて訪れて帰り道をロストして

死にかけた場所。

ま、2人なら何とかなるでしょう。

ヒドイボサ漕ぎしてほぼ予定通りの

支流の合流点へ。そこからも入渓者が

減ってるのか?仙道が薄れてるし、

雑草に覆われて分かりづらい。


湿度100%の中、睡眠時間1時間で歩いて

熱中症になりそうになりながら支流へ下降。

身体から湯気が上がる。


しばらく放心状態で体力回復を待ってから

溯行開始。




あら?!アッサリ1尾目。

其処ら中から魚が走ります。




おっととと!

出た。尺①。


その後も筋、開き、巻返しの色んな所

からサイズより凄い引きの強い子達が

次々に釣れ続きます。

良いタイミングで連休初日に入れるなんて

超ラッキー!





尺イワナ②を筆頭に見えイワナを中心に

サイトフィッシングを続けていると更に

水温上昇。22℃って…。


そろそろ退渓時間の頃に現れた大きな

流れ込み。手前の大岩ブッツケで師匠が

チビヒット!その前に定位しているまぁまぁ

サイズを狙うが反応しない。


私の番。

左岸の岩盤際のバブルラインに大きな

魚影が浮き沈みしているのが見えたので

フライを送り込むと、2投目でゆ~っくり

浮いてきて…。食った~~。!


ブッチ~ッン!!!!!大きっ!?

更にその少し上でも~。ブッチ~ン。





最後は師匠もスカッ!

となり、おまけの私は追加で2連続合わせ

ヤラカシて本日は終了~。

さぁ!どうなるやら。


2017-07-16 09:41  nice!(1)  コメント(2) 

東北弾丸釣行 [フライフィッシング]



日頃のストレスと釣行距離は比例するのか?

くだらない仕事依頼と釣りに行けてない

ストレスがMAX!!

しかも梅雨がやる気を見せて渓の様子も

イマイチ不安。

こうなれば少し雨量の少ない東北エリア

がリフレッシュされたのでは?!

と、思うのが釣りバカの性。


で、東北有名河川への弾丸釣行決意。

車止めまでの林道も荒れてて、落石だらけ。


さすが有名河川だけあって6時で先行車

3台。想定内。見える範囲で2人釣ってる。


あと2台分。2時間歩けば大丈夫か?

いきなり最初の堰堤で林道ロスト。

一旦、河床に降りて暫く行くと林道復活!

でもなかなかのポイントの連続。

巻返しでまぁまぁサイズのヤマメが

浮いてます。

1投目。ドルフィンライズ!

スカッ!!!!!

スプーク.....


2箇所目。

第1投目。フライが目の前にキレイに...


スプーク!!!!!?

スレテマス。


でも、時間も早いしこれからかな?

とか、思ってると復活している林道に

人影。


.....ってことは先行者の後追いだったか。

林道に這い上がって、退渓したであろう

上り口の草が倒れたポイントから再入渓!


そうすると途端に反応が変わり、




8寸連発。水も支流を別けて良い水量


リフレッシュ!!

流れの本筋から外れた脇の緩い流れの鏡。




老けた白い泣き尺ヤマメ。

通りで引きが弱いわけだ。


その後、午前中はヤマメ。

お昼を過ぎる頃、



イワナタイムに。

尺が出そうな大巻返し。

.....。

反応が無い?!

次の素敵なプール。

.....。

魚が見えない。

水温か、気圧か?時間か?

暫く時間を掛けて上がるが、良いポイント

から出てもピチャッ!ってな反応。


うーーーん??!

と思い、暫く渓を溯行すると〓〓〓〓〓


先行者がいました。

ここから車止めまではジャングルみたいな

ズルズル、ガレガレの林道を2時間くらい?

これからって時にぃ!

車の数と人数が合わないな。なんで?

後から来た人に気付かず頭ハネられた?


時間もそろそろ限界。

車止めに私より先にいた1台だけが残ってる。

もう1台が3人乗車で、足元で釣ってた2人と、

奥に入ってた1人に別れてたか。

仕方ない。消化不良だけど帰ろ。

また来よう。



あ、そうそうこの日はスーパームーンの

満月でしたとさ。


2017-07-09 06:19  nice!(1)  コメント(2) 

南の国へ。 [その他]



うまいウナギが食べたくて、南の国へ。



うそ。

お仕事のついでです。

ホントに炭の味と薫りに燻された

フワフワのウナギって久々に食べた~!


満足。


でも、帰りの飛行機、

雷雨で飛ばへ~ん(´Д`|||)


2017-06-29 23:44  nice!(1)  コメント(0) 

良い森。 [フライフィッシング]



欠勤する予定でしたが、

なぜか森に立ちたくて。



とても静か。

ウグイス、カッコー、ヒグラシが同時

に鳴いてる不思議な光景。





プリっとしたオチビ。

早朝からポチポチと飽きそうになると

釣れる。でも水が少ないね。




ちょっと針掛かり場所悪くて、血が

出ちゃってごめん。


お昼過ぎに少し活性が上がりましたが

8寸止まりでした。梅雨はどこへ?


2017-06-18 12:11  nice!(1)  コメント(0) 

忖度(そんたく)イワナ [フライフィッシング]

また、この人と


あ、間違えた。



この方と。

歩いてみたがダメでした…。

前の晩は相当冷え込んだ。

夕立のような雨と、竜巻のような風

も吹いたようです。


いつもの滝下。姿は見えるが浮いてこない。

お師匠連れて来たんだから忖度しなさい!




あっ!ヤベ。先に釣れちゃった。

しかも良い型。



その後はハッチも本格化したが、

いつものポテンシャルには及ばない。


しかし、例年に比べて入渓者が多いね。

師匠、お疲れした~!

遠征ご苦労様でした。


2017-06-10 23:18  nice!(1)  コメント(0) 

苦行リターン&絶望 [フライフィッシング]



本日は、この方と前回テクテク苦行を

強いられた渓へ!

今回は、裏ルートを見つけたので、

ルンルン入渓の予定。

…。


…。

ダメだ~!ルートファインディンク失敗。

で、諦める訳にもいかず苦行へ。

今日は水も落ち着いていたので前回の

支流の更に先。

膝が笑う。



何とか辿り着いた入渓点には大きな藤。

入り口の大きなプールの開きから8寸。

黒い。

しかし、付き場にムラが激しい。

前日の雨に加えて、強風、低気温。

仕方ないか。

釣れても9寸。でも小さいのは出ない。



何とか泣き尺。



ここまでか…。

師匠はその後、1枚目の写真のシャッター

切った1秒後に尺イワナゲット!


で、落ち着かない状況のまま帰りの

時間が近づく。

次のプールまで釣り飛ばそうと右岸を

登っていたら岩の上に巨大な熊のウンチ。


に、目を奪われた瞬間、右足が滑った~!

何とか左足で踏みとどまったが次の右足

の付き場が無い~!(僅か1秒間の出来事)

右手を上流側の岩に付いた瞬間、

呆気なくロッドのバッドが粉砕。


…。仕方ない。帰ろ。

師匠も次のプールで止め打ちしてくれて

そのまま右岸急斜面を林道までヘツル。


もうヘトヘトな上に、林道も崩壊寸前。

更に暫く歩くと師匠が、

『あーっ!ロッドが無い~!』

どうやら崖のヘツリの時に落としたらしい。

しかし、戻る元気は無い~。


黙々と、ただ黙々と歩く。歩きながら

寝る。で、崖に落ちそうになる。


小休止挟みながら3時間後、車へ。

死にそう。往復25キロくらい?


2017-06-04 11:18  nice!(1) 

前の10件 | -
メッセージを送る